【ちゃれんじ】オプション教材「こどもちゃれんじPLUS」は必要?2歳児と体験してみた!

ちゃれんじ

こんにちは、ゆうみです♪

わたしの周りに、たくさんの受講生がいる「こどもちゃれんじ」。

わが家も、子どもが2歳になってから受講を始めました。

「こどもちゃれんじ」には、オプション教材があることをご存知でしたか?

「こどもちゃれんじ」本体の教材に加えて、わが子が好きなこと、得意なことを伸ばせるオプション教材こどもちゃれんじPLUS」を選ぶことができます。

今日はオプション教材の体験談と、どんな方におススメなのかをまとめてみました♪

※この記事は2018年冬の費用、内容です。

——————————-

こどもちゃれんじ公式サイトはこちら

>>【こどもちゃれんじ】


ちゃれんじ ぽけっと9月号の紹介記事はこちら
>>ちゃれんじぽけっと受講中!9月号の内容を紹介します

ちゃれんじ ぽけっと10月号の紹介記事はこちら
>>【ちゃれんじ】はてなんだくんの仕組みってどうなってるの?ぽけっと10月号をご紹介します♪

こどもちゃれんじPLUSとは

「こどもちゃれんじPLUS」は、「こどもちゃれんじ」の有料オプション教材です。

こどもちゃれんじには、「こどもちゃれんじ ぷち」「こどもちゃれんじ ぽけっと」等、学年ごとのコースがあります。

それぞれのコースに、それぞれの「こどもちゃれんじPLUS」が用意されています。

現在ちゃれんじを受講中の方だけでなく、受講をしていない方でも購入することができます。

受講費は年間一括払い

受講費は、年間一括払いのみです。
途中解約は可能ですが、最低2か月以上の受講が必要です。

・こどもちゃれんじ受講中の場合
会員特別価格 一括払い 6,420円

(1ヶ月 535円)
※オプション教材受講中に「こどもちゃれんじ」を退会すると、通常価格との差額が請求されます。

・こどもちゃれんじ未受講の場合
通常価格 一括払い 9,864円

(1ヶ月 822円

教材は4種類から選べる

2018年4月から「こどもちゃれんじ ぽけっと」を受講される方の「こどもちゃれんじプラス」は以下の4種類でした。

知育プラス

ストーリーに沿って、親子で会話をし、さまざまな角度から考え、答えを導けるようになるためのワーク。
毎号約24ページ。

≪年間教材≫

仲間わけ、長短、高低、色(多色)、位置(上下)、同じもの探し、
道たどり、形(長方形、楕円)、系列、数、探し遊び、聞く力

表現プラス

工作あそびが好きなお子さま向け。
毎号約24ページで、手先を使いながら表現の幅を広げられます。
シール、クレヨン、ちぎり、はさみを使い、遊びながら豊かな表現力を育みます。
※クレヨン、はさみ、のりは付いていません。

≪年間教材≫

クレヨンで自由に描く、シールで模様を作る、クレヨンで線を描く、指で紙をやぶく、
クレヨンで塗りつぶす、シールをちぎって貼る、のりで貼る、はさみで1回切る、
はさみで好きなところを切る、はさみを連続して動かして切る、総まとめ

リズムダンスプラス

歌やダンスが好きなお子さま向け。
毎号約13分、5つの映像が入っています。
さまざまなジャンルの音楽にふれ、リズム感の基礎を育めます。

≪年間教材≫

ビートを感じておどろう、テンポに合わせておどろう、強弱をつけておどろう、
リズムに合わせておどろう(まとめ)、上半身を大きく動かそう、下半身を大きく動かそう、
動きを組み合わせておどろう、まねしておどろう(まとめ)、大きな声を出して歌っておどろう、
あとに続いて歌っておどろう、リズムに合わせて歌っておどろう、歌っておどろう(まとめ)

読み聞かせプラス

毎号約24ページ。対象年齢2~3歳のお子さまに絞った、オリジナル絵本。
毎月親子で楽しめ、創造力を豊かにします。
偏りのないテーマで良質のお話が届きます。

≪年間教材≫

洋服屋さんのお話、乗り物のお話、雨の季節のお話、友達のお話、夏を楽しむお話、
料理のお話、繰り返し言葉のお話、ものを大切にするお話、クリスマスのお話、
手指遊び歌のお話、動物の親子のお話、なぜなにのお話

「こどもちゃれんじ  ぽけっと」オプション教材をやってみた

満2歳児用教材「こどもちゃれんじ ぷち」を取っていた際、新学年(満3歳児)用教材「こどもちゃれんじ ぽけっと」のオプション教材「知育プラス」「表現プラス」の見本が同封されていました。

薄い冊子版でしたが、2歳になりたての子どもと取り組んでみました。

「知育プラス」は考えて正解を導く教材

「なかまわけ」の見本冊子です。

見開き3ページ分とシールがついていました。

最初のページは、青い箱にソーセージ、赤い箱にコロッケのシールを貼るワーク。
ウインナーは長いもので、コロッケは丸いものという仲間わけ作業の体験です。
言葉と物を一致させることが大事です。

うちの子は、シール大好きで、シールを見ると喜んで貼るのですが、絵と同じシールを、そのまま絵の上に貼り付けるんです。
なので、コロッケのイラスト上にコロッケのシールが何枚も貼られる状態に・・・。

次のページは、星形とハート形のニンジンをサラダとカレーに分けるワーク。
料理ごっこを楽しみながら仲間わけ作業をします。

これも、わが家ではイラストの上に同じシールがたくさん重なりました・・・。

「こどもちゃれんじ ぽけっと」本誌では知育ページが2〜3ページなのですが、このワークを追加で学べば応用問題にも触れられる、というメリットがあるそう。

知育を伸ばすには何かしらの対策が必要ですね〜!

3ページ目は、色、形、種類の仲間わけ作業のページでした。

「表現プラス」は自由な発想を楽しむ教材

見開き3ページ分とシールがついていました。

1ページ目は、シチュー鍋の好きなところに好きなシールを貼るワーク。
貼り方の正解はなく、自由に貼ることで本人の感性を育むそう。

自由にシールを貼らせてみたら、鍋のはじっこに全部の材料が集まりました!
そして、黄色のクレヨンでシチューを塗っていました。

2ページ目は、動物園。パンダやキリンのお母さんがイラストになっていて、それぞれの赤ちゃんシールをお母さんの横に貼ってあげる、というものです。

正解はなく、本人が自由に貼り、それを親も一緒に楽しむ、というスタイルです。
自由な発想から、自分なりのルールが作られるそう。

わが子は、赤ちゃんがお母さんに寄り添うようにシールを貼っていました。

3ページ目は、お昼寝をしている動物に、布団のシールを貼ってあげる、というワーク。
これも正解はなく、大きい布団やピンクの布団など、いろいろあるね~と声をかけてあげる、というものです。

わが子は、羊さんに緑の布団を2枚がけしたり、リスさんに小さな布団をかけてあげていました。

本人なりにいろいろ考えて、試行錯誤しながらシールを貼っている姿が見られてとても良かったです!

2つの教材を体験してみて、わが子には「表現プラス」の方が向いてるかな~と思いました。

同じシール貼りでも、自由に貼って良い!というタイプの方が伸び伸び楽しんでいるように見えたので・・・。

やはり、教材を体験して比べてみると、わが子の個性が見えてくるものですね♪

「こどもちゃれんじPLUS」の気になる点

3ページでも体験することができ、とても良かったです!
2歳になりたてで、難しい部分もありましたが、経験を重ねることで成長の伸びしろは十分あると感じられます!

(と、親は思います(笑))

わたし自身が「こどもちゃれんじPLUS」で気になったのは、受講料が1年分一括払いのみ、という点です。

わが子がどの種類の教材が好きか、まだわからないお子さまもいらっしゃると思います。
または、全部に興味がありそう!とか・・・。

その中で、年契約は少しハードルが高いかな、と思いました。

実際にやってみてどうか、を見るために、最初の1カ月分をまるごと試せるなど、もう少し親に検討の余地があると見極めやすいかなと思います。

また、「こどもちゃれんじ」受講生の場合は途中退会すると通常価格との差額を請求される、という点も気になります。

絶対に1年間辞めない決意があれば良いのですが、別の教材も試してみたい、子どもが飽きてしまった等、様々な事情で退会する場合はもったいないなあと思いました。

オプション教材は子どもが楽しく取り組めることが大事!

わが家は、オプション教材購入を見送ることにしました。

理由は・・・

・2歳~3歳の間に他にも試してみたい教材がある
「こどもちゃれんじ」には生活面での成長を求めているので、お勉強的なことは別の形を取る予定
・市販のワークと比較して値段が高い気がする

の3つです。

「知育プラス」は、年間教材を見ると幼児教室の知育コースと似ています。

「知育」に興味があり、力を入れたい場合・・・

同じレベルであろう幼児教室や幼児向け教材と比較して、「知育プラス」の方が良いと思ったら取り入れる形で良いと思います。

幼児教室の資料請求や体験教室参加でカリキュラムを教えてもらえるので、内容や到達目標のおおよそのレベルに関してはすぐに比較できます。

個人的には「こどもちゃれんじ ぷち」の「知育プラス」は、とても良いと思います。
色、形、大小など、1歳になったら早めに触れさせてあげればよかったな~と思いました。

詳細は公式サイトに記載されているので、興味のある方はご覧ください♪

「表現プラス」は、「こどもちゃれんじ ぽけっと」の受講生(満3歳の学年の子)以上が受講できる内容です。

自発的に工作やお絵描きを楽しめるお子さまに向いていると思います。

いずれにしても、「こどもちゃれんじ」だけでなくオプション教材で、触れる分野の幅を持てるということは、とても良いことだと思います!

お子さまが楽しく取り組める形で、1年間の成長を見守っていきたいですね♪

—————————-

こどもちゃれんじに興味がある方は、下記の公式サイトにて詳細をチェックしてみてくださいね♪

>>【こどもちゃれんじ】